デアゴスティーニ(DeAGOSTINI)の「週刊 和時計をつくる(全60巻)」の買取ならデアゴスティーニ(DeAGOSTINI)をめっちゃ高く買取る「デアゴスティーニ買取.com」。
デアゴスティーニ(DeAGOSTINI)の「週刊 和時計をつくる(全60巻)」なら新品でも中古品でも高値で買取ります。もちろん全国対応!

  1. デアゴスティーニ買取.com
  2. 買取品目一覧
  3. 週刊 和時計をつくる(全60巻)

週刊 和時計をつくる(全60巻)(デアゴスティーニ)の買取額

更新日:2021/03/15

%e9%80%b1%e5%88%8a-%e5%92%8c%e6%99%82%e8%a8%88%e3%82%92%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8b%e5%85%a860%e5%b7%bb

週刊 和時計をつくる(全60巻)(デアゴスティーニ) 全巻セットの買取

買取価格:¥買取価格をお問合せください!!

週刊 和時計をつくる(全60巻)買取価格は商品の状態によって変動する場合がございます。詳しくはお問い合わせください。

  • 買取価格を問い合わせる
  • 今すぐ買取を申し込む
週刊 和時計をつくる(全60巻)(デアゴスティーニ)買取 ¥買取価格をお問合せください!!

買取価格は商品の状態によって変動する場合がございます。詳しくはお問い合わせください。

お持ちの商品の状態で、買取価格を問い合わせる

週刊 和時計をつくる(全60巻)(デアゴスティーニ)について

%e9%80%b1%e5%88%8a-%e5%92%8c%e6%99%82%e8%a8%88%e3%82%92%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8b%e5%85%a860%e5%b7%bb  

デアゴスティーニから刊行の分冊百科である「週刊和時計をつくる」のシリーズは、2011年に刊行され、全60巻にて完結となりました。

現代を生きる私たちは、一日を24時間とした定時法を当たり前のように使っておりますが、江戸時代の人々は、これとは異なる不定時法を使用しておりました。季節の移り変わりとともに、昼と夜の時間の変化に合わせて、昼間が短くなって季節には夜明けから日暮れでの時間を毎日短くしてゆき、昼間が長くなっていく季節には、その逆に、だんだんと昼間の時間を長くしていきました。

これは、夜の灯りの乏しい時代、また、日本人の多くが農民だった時代に沿った時間法だったようです。現代社会では、昼夜の長さに関係なく、決められた時間に沿って生活しており、暗くてもずっと起きている時間が長くなりました。もしかしたら、江戸時代の生活の方が自然のリズムには合っていたのかもしれませんね。

・図面から再現したシリーズ!!

江戸時代に海外から日本に入ってきた時計は全て定時法であったため、不定時法で暮らす江戸時代の人々には使えませんでした。このため、西洋の機械時計をもとに、江戸の職人たちによって改良が重ねられ発展をとげたのが不定時法を採用した和時計になります。日本ならではの独自の技術が盛り込まれ、今では一級の工芸品として知られています。本シリーズでは、十干十二支暦での日付も表示され、昼用と夜用の2つの天符を使う「二挺天符」機構を採用し、実際に鐘が鳴る時打ち機構も再現さております。現存する和時計(台時計)を調査研究し、部品の一つひとつをていねいに図面に描き起こして復元。江戸の高度な職人技と西洋の時計技術が融合した逸品が、現代に蘇ります。

定期購読の特典と致しましては、懐中時計、真鍮磨き、手袋、ルーペ等がございました。こちらも付属いたしますと、高額買取にググッと近づきます。

★当店はデアゴスティーニの商品を買取りする専門店でございます。まずは商品の価値を判断できる専門店までお問い合わせいただき、現在の商品価格をお問い合わせください。

●買取方法は簡単3ステップ!

1.問い合わせて
2.申し込みをして
3.発送するだけ!!

お手持ちのシリーズを、当ホームページより買取価格をお問い合わせください。
当店より折り返し大まかな買取価格をお知らせします。
高値買取なら当店まで!!

 


デアゴスティーニから刊行の分冊百科である「週刊和時計をつくる」のシリーズは、2011年に刊行され、全60巻にて完結となりました。

現代を生きる私たちは、一日を24時間とした定時法を当たり前のように使っておりますが、江戸時代の人々は、これとは異なる不定時法を使用しておりました。季節の移り変わりとともに、昼と夜の時間の変化に合わせて、昼間が短くなって季節には夜明けから日暮れでの時間を毎日短くしてゆき、昼間が長くなっていく季節には、その逆に、だんだんと昼間の時間を長くしていきました。

これは、夜の灯りの乏しい時代、また、日本人の多くが農民だった時代に沿った時間法だったようです。現代社会では、昼夜の長さに関係なく、決められた時間に沿って生活しており、暗くてもずっと起きている時間が長くなりました。もしかしたら、江戸時代の生活の方が自然のリズムには合っていたのかもしれませんね。

・図面から再現したシリーズ!!

江戸時代に海外から日本に入ってきた時計は全て定時法であったため、不定時法で暮らす江戸時代の人々には使えませんでした。このため、西洋の機械時計をもとに、江戸の職人たちによって改良が重ねられ発展をとげたのが不定時法を採用した和時計になります。日本ならではの独自の技術が盛り込まれ、今では一級の工芸品として知られています。本シリーズでは、十干十二支暦での日付も表示され、昼用と夜用の2つの天符を使う「二挺天符」機構を採用し、実際に鐘が鳴る時打ち機構も再現さております。現存する和時計(台時計)を調査研究し、部品の一つひとつをていねいに図面に描き起こして復元。江戸の高度な職人技と西洋の時計技術が融合した逸品が、現代に蘇ります。

定期購読の特典と致しましては、懐中時計、真鍮磨き、手袋、ルーペ等がございました。こちらも付属いたしますと、高額買取にググッと近づきます。

★当店はデアゴスティーニの商品を買取りする専門店でございます。まずは商品の価値を判断できる専門店までお問い合わせいただき、現在の商品価格をお問い合わせください。

●買取方法は簡単3ステップ!

1.問い合わせて
2.申し込みをして
3.発送するだけ!!

お手持ちのシリーズを、当ホームページより買取価格をお問い合わせください。
当店より折り返し大まかな買取価格をお知らせします。
高値買取なら当店まで!!

 

買取価格を問い合わせる

週刊 和時計をつくる(全60巻)(デアゴスティーニ) 上記の買取価格での買取条件

  • 全巻揃っており、未開封で、全てのパーツ・付属品が等が完全に揃っていること。
  • 各号の箱等に汚れ、へこみ、退色等の損傷がないこと。
  • 全巻購入の特典等がある場合は、その特典等も全て付属すること。

※ご注意
週刊 和時計をつくる(全60巻)の実際の買取価格は、商品を確認させいただいてから確定となります。市場価格の変化や商品の状態によっては買取価格が変わってまいりますので、上記の価格よりお安くなる場合もあります。事前にご了承ください。
なお、買取価格の査定額は価格提示後3日間有効となります。

商品の状態によって買取価格が異なる場合がございます。詳しくはお問合せください。

こんな場合にはお問い合わせを!!

  • 一部開封してしまっている。
  • 一部使用もしくは組み立て済みである。
  • 全ての部品を使用して、完成品となっている。
  • 全巻が揃っていない。
  • 箱が一部潰れたり、変色したりしている。

などなど、このような商品でも買取が出来る場合もありますので、ぜひ一度お問い合わせください。

買取価格を問い合わせる

Copyright (C)2011- デアゴスティーニ買取.com All rights reserved.